スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ数ヶ月の活動記録 (1)

今までのTDKページがダウンしていたここ数ヶ月の
活動記録を取り返すべくのリメンバーミー企画です。

今年に入ってからの大きかったTDK的ニュースと言えば、
やはりTDKが長年応援しているフランス有志の日本戦隊リスペクト・
無料公開の自主制作オリジナル作品「フランスファイブ」が
10年以上の月日を経て、ついに完結!!

そして「祝!! TDK ROTTERDAM、フランスファイブに
エキストラで出してもらった!!」でございます。




新剣銃士フランスファイブ エピソード5


新剣銃士フランスファイブ エピソード6 (前半)


新剣銃士フランスファイブ エピソード6 (後半)


最終回といいつつ前後編というボリューム。
監督アレックスのエンターテイメント魂には
心底ド肝を抜かれましたが、出してもらう方は
そんなこととはつゆ知らず。
エピソード5の
3:31あたりの観光客、
5:00あたりの逃げる市民エキストラとして
TDK ROTTERDAMふたりがのんきに
顔出しで出させていただいております(^ ^;;;

その他、
5:14周辺の黒服の戦闘員軍団の一人、
5:23周辺のレポーターの背後で暴れる戦闘員も
TDKがやらせていただいとります。

この撮影の様子の詳しいレポートは旧ブログの記事
[2006. 03.26 Sunday レクソス帝国、日本侵略!?]
http://www.02.246.ne.jp/~tdk/diary/diary_053.html
をご参照下さい。

我らTDKがエキストラで出させていただいた経緯ですが、
2006年頃に日本有志で作成した本家大全集のパロディ図鑑
『フランスファイブ超大全集』を作成したことで大変フランススタッフに
喜んでいただき、流れで「作った皆さんフランスへいらっしゃいよ」
ってなことで、関係者一同で旅行しまして。
その時、たくさん人数が集まるから、ってことで監督のアレックスが
観光客エキストラのシーンと、戦闘員が大量に行進するシーンの
撮影をついで敢行したのであります。

フランスファイブ1〜4を観ていた私たちにとっては、あの戦闘員
「パヌパヌ」の衣装を着れるだけでも大興奮なのですが (しかも2回もw)

当時の写真とかあると思うので、あとでアップします(^ ^;;






スポンサーサイト

今年の夏のコミックマーケット84ついて。

さて、向こうにも書いたやつを、とりあえずこちらにも。
とりあえず今年の夏のコミックマーケット84情報と
今後の活動についてです。


まず今年の夏コミですが、TDK ROTTERDAMは
不参加とすることにしました。

コミックマーケット84にはTDK ROTTERDAMのスペースはございません。

正確には、申し込み書を送付するところまではしたのですが、
後に意志を持って準備会に「参加辞退希望」の連絡をし、
意図的に落選としていただきました。

また同様に、少なくとも今年年末2013の冬コミも
不参加になるかと思います。


創作物やまだまだ作っていない新しいネタ、
またはねこちょごなど、作ってゆくつもりは十分にあり、
長年応援していただいている皆様はすっかりお見通しのように
まだまだ2人はTDK活動をやめるつもりなど毛頭ないのですが、
今年不参加の理由としては色々ございます。

1つ目は、
二人組であるTDK ROTTERDAMがそれぞれ
様々な形で続けて来た商業的な仕事が実を結び始め、
それらに大変な意義を持って望んでいることです。

新しくておもしろい物に目がないTDKのこと。
今まだ体験したことがないことに夢中になってしまうことは
致し方ないところなのでございます。

2つ目は、
これは単純に、体力的な問題。
ずいぶん前からキてはいたんですが、
コミックマーケットはとにかく体力が必要な上、
猫の生まれ変わりと言われるほど
とにかく暑さに弱い生き物である我々に
夏のビッグサイトは凶器になりつつあります。
わざわざ有明に一本で行ける埼京線沿いに
住んだにもかかわらずでございます。

3つ目には、
これが一番大きいかもしれないのですが、
創作自体が様々な媒体で可能になったことでしょうか。

相変わらず様々な面に置いて「コミックマーケット」が
もっとも自由で乱雑な、たくさんの表現を受け入れてくれる、
最高の舞台であることには変わりはないのですが、
活動を開始し始めた頃には無かった、必ずしも
紙に印刷しなくても良い表現手段などを
ここ数年で触れる機会が増え、これもまた
大変面白いと思っています。

TDK的にはもともと収益や採算より自分たちの
「作る」の快楽を追い求めてきた集団ですので、
必ずしも「収益に縛られる表現の場」以外の
活動場所の選択肢を得ることは
大変ありがたいことなのです。


そんな、ここ数ヶ月の活動はこれから
ゆっくりこちらの新移行ブログでお伝えしてゆくとして。

とりあえず今年後半は、AmazonのKindleをはじめ
TDK ROTTERDAMの過去作を電子書籍へ移植、
発行していこうと予定しています。

販売開始の際にはリンクをご紹介しますし、
これから商業ブログの機能を生かした
ご報告もしようかと。

今年後半はVJの予定や、他の商業活動の方も
ご報告できるようでしたらしていこうと思っていますので
お楽しみ下さいまし。

それではまた。



旧webのログを修復しました


移行に伴い、
途中から破壊されたままになっていた
旧web・TDK ROTTERDAM on AIRの過去ログを修復しました。

…しばらくの間、ずっとメインページのログが
途中からずーっと半端に破壊されたままになっていたようです。

大変申し訳ございませぬ〜 m(_ _)m m(_ _)m


ページ移行してまいりました。



TDK ROTTERDAMでございます。

http://www.02.246.ne.jp/~tdk/

で10年近く活動して来ましたが、このたび
こちらのブログに移転してまいりました。
しばらくここでお世話になります。
よろしくおねがいします。

以前の10年分の活動記録は上記のログを
お漁りくださいまし。

それでは今後ともよろしゅう (^ ^)


プロフィール

TDK ROTTERDAM

Author:TDK ROTTERDAM
1996年結成の創作というかデザイングループというか、なんかそういうものをやってます。
流れ流れてやってきました。二人組です。
メイン活動は21世紀もおいしいごはんを食べてゆくことです。
[連絡]
tdkrotterdam(あっと)gmail.com

Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。